ろきsanの備忘録

タイトル通り、色んなこと備忘録として記述していこうと思います。

ターミナルからExplorer(フォルダ)やFinderを開く方法。また逆にその場所でターミナルを起動する方法

スポンサーリンク

プログラミングにしていて、主にターミナルでの操作になり、慣れてきた。

でもやっぱりExplorer(フォルダ)や、MacならFinderがあったほう安心できる人のために、効率的にExplorerやターミナルを起動する方法をシェアしようと思う。

まぁ、ぼくもその一人。


【Windowsの場合】

ターミナルから、そのカレントディレクトリ(現在いる場所)のExplorerを開く方法
> explorer .

※スペースとドット

f:id:ahrk-izo:20181215184432p:plain:w400


Explorer(フォルダ)から、カレント移動済みの状態でターミナルを起動する方法

アドレスバーに「cmd」と入力してEnter
f:id:ahrk-izo:20181215183636p:plain:w400
これで、ターミナルが起動して、しかもこの場所まで移動してくれている。
アドレスバーに移動は「Alt + D」をやるとスマート♪


他の方法としては、
Shift + 右クリック または Shift + F10で
「コマンドプロンプトをここで開く」が出てくる。

でもWindows10からPowerShellがデフォルトになったらしく、下記のように「PoserShellを開く」になっている
f:id:ahrk-izo:20181215191557p:plain:w300

コマンドプロンプトに馴染みがあるぼくは、やっぱり「cmd」でやる



【Macの場合】

ターミナルから、そのカレントディレクトリ(現在いる場所)のFinderを開く方法
> open .

※スペースとドット

f:id:ahrk-izo:20181215184758p:plain:w400


Explorer(フォルダ)から、カレント移動済みの状態でターミナルを起動する方法

これには設定が少し必要

リンゴ(左上)>システム環境設定>キーボード
f:id:ahrk-izo:20181215185145p:plain:w400


ショートカット>サービス>フォルダに新規ターミナルタブ
f:id:ahrk-izo:20181215185242p:plain:w400
チェックを入れる
※ショートカットを追加すればなお便利!
追加するときは、「ショートカットを追加」をクリックして、そのキーを実際に押せばよい


フォルダを右クリック>サービス>フォルダに新規ターミナルタブ
f:id:ahrk-izo:20181215185530p:plain:w400


ちなみにぼくは、ターミナルはiTerm2というのを使っていて、以下の設定にチェックとショートカットを設定している

ショートカット>サービス>New iTerm2 Tab Here
f:id:ahrk-izo:20181215185913p:plain:w400
ショートカットキーは、「command + shift + _ 」
※Finderでいろんなショートカットキーがあるので、被らないようにする必要はある


これらを覚えると、ターミナル(CUI)操作や、GUI操作の切り替えがスムーズで、ストレスなくなる。


以上。