ろきsanの備忘録

タイトル通り、色んなこと備忘録として記述していこうと思います。

【ツイートで振り返り】Progate Rails5 学習コース2

スポンサーリンク

プログラミング学習しながら、ごちゃごちゃツイートしているので、せっかくなので、そのツイートを貼り付けて備忘録としてみる。

 

学習コース1に続き、2も。

 

振り返りは、いろいろ書きたくなるところをぐっと抑えて、できるだけざっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

【振り返り】

 

投稿一覧ページを作る

まずは題材として、投稿一覧ページを作る。

 

f:id:ahrk-izo:20180723222659p:plain

 

そのために新しいコントローラを作成。

 

$ rails generate controller コントローラ名 アクション名

 

また、必要なファイルがわらわらできる。

 

 

ルーティングとビュー

 

ブラウザでアクセスできるために、ルーティングを設定。


config/routes.rb

 

get "URL" => "コントローラ#アクション"

 

 

作成されたビューも整える。

 

ビューファイルの中で、Rubyコード使うために、

<% %>とか
<%= %>とか 

使う。

 

「erb」は「Embedded Ruby(埋め込みRuby)」の略。

 

一覧を表示するから、each文も使っていく。

 

 

変数を定義

コントローラのアクションで変数を定義する。

 

@変数


「@」を付けると、ビューでも使える特殊な変数となる。

 

 

 

データベースについて知る

 

モデルとマイグレーションファイル作成して、データベースに反映。

 

$ rails g model モデル名 カラム名:形式

 

db/migrateフォルダにマイグレーションファイルできる。

(別なところにモデルもできてる)

  

$ rails db:migrate

 

で、マイグレーションファイルの内容をデータベースに反映。
→テーブルできた

 

 

モデルを確認する

 

「モデル」と呼ばれる特殊な「クラス」
Rubyで学んだいわゆる「設計図」ね。

 

「rails g model」コマンドでできてる。

 app/modelsフォルダにできてる。

 

 

Railsコンソールを使う

 

データベースのテーブルにデータ作成

Railsコンソールを使う

 

$ rails console

 

で使えるようになる。

 

> post = Post.new(content: "hogehoge")
> post.save 

 


テーブルからデータ取り出し

> posts = Post.all

 

実際にビュー表示するときはは、

コントローラのアクションに、

 

def index
@posts = Post.all # 配列
end

 

と書いて、

ビューで

 

@posts

 

をeachで展開すればよし

 

 

 

共通レイアウトについて知る

 

共通レイアウトは以下のファイルでうまいことやってる。

 

app/views/layouts/application.html.erb

 

「<%= yield %>」がポイント

 

 

「Railsエンジニア」と名乗る

 

で、ここいらで、「Railsエンジニア」と名乗って、あとで辻褄あわせることにした。

 

 

辻褄合わせは、まぁまぁ順調。

 

ツイート増えてきたな。。。 次からは抜粋しよう。