ろきsanの備忘録

タイトル通り、色んなこと備忘録として記述していこうと思います。

正直に発信することの生きやすさ

スポンサーリンク

昨日、こんなツイートをしてみた。 

 

 

ツイッターで積極的に発信するようになって1か月。

といっても最近ようやく慣れてきた感じだけど。

 

最初のころは誰かの役に立つ、有意義は発信をしよう、気になるニュースを賢い振りして発信しようなんて思っていたけど、それは全然自分に合わなかった。

 

それと同時にProgateでプログラミングの勉強をするようになって、その勉強の経過を発信したり、わからないところ、つまったところを正直に発信し始めたら、なんだかしっくりきた。

 

正直、社会人となって10年以上経ち、エンジニアと名乗っているのに、「こんなこともわからないのか」なんて思われたくない・・・なんて発信を躊躇していたが、よく考えたらこの大量に流れるツイートの中、気にする人なんかいない。

 

 

だから「えいや!」で発信してみたら、なんかすっきりした。

少し自分が正直に発信できたことで。

 

 

ツイートに貼ったブログには最後にこう書いてある。

「本音で語るより、何かを隠すほうが疲れる」というデータがあるように、嘘をつくのは疲れるのだ。正直に生きることの楽さをみな知らない。

 

 できないことを隠したり、無駄にカッコつけたりする、すなわち嘘をつくと疲れる。

逆に正直になると楽になる。

 

それをここ最近で気づき、このるってぃさんのブログで再確認した。

 

 

実はツイッター上で正直になると、リアルな世界でも変化が生まれる。

職場などでも正直になり、誰かに素直に頼れるようになった。

 

「実はよくわかっていないっす。」

「今更ですが、ここあやふやで。。。」

なんて。

 

すると教えてくれたり、一緒に考えてくれる人が現れる。

自分一人で抱えるより、正直に、オープンに生きるほうがいいと感じた。

 

まだまだツイッターでもブログでも、自分をさらけ出しきれていないけど、自分の正直な部分を出していこう。

 

備忘録として、いろいろ残していくつもりだが、知ったかぶりせず、カッコつけずに。